深作農園のバームクーヘンイメージ画像

季節の贈り物にバームクーヘン

お中元

お中元
日頃の感謝の気持ちを込めて、7月初め〜中旬ごろまでに贈ります

お中元は、東日本においては7月初めより中頃までの間を、西日本では 1ヶ月遅れの8月初めより中頃までの間を贈答時期としていましたが、 現在ではいずれの地方も7月初めより中頃まで(土用の入り前までに)の期間内に贈ることが一般的になってきています。 うっかり忘れて時期を逸した場合には 暑中見舞い・残暑見舞いとして贈るようにしましょう。

「のし紙」は、紅白(赤と金色で印刷されている)の5本(又は7本) 花結び(蝶結び)に熨斗が 付いたデザイン(通称=花結び祝い=一般お祝い用) のものを使い、 表書きは「御中元」となります。

また、お中元はお祝いごとの贈り物ではなく、お世話になっていることに対する感謝の気持ちを 贈るものであることから、 当方又は先方のいずれか(又は双方)が喪中の場合であっても、お中元を贈りあうことは一向に差し支えないことになっています。
しかし、忌中(仏教では忌明け法要前、神道では忌明け祭前)の場合やどうしても気になる場合は、時期をずらして 暑中見舞いや残暑見舞いとして贈ることもできます。

お中元にオススメのバームクーヘン

お歳暮

お歳暮
お世話になった方へ11月末ごろから12月20日くらいまでに贈ります

御歳暮は11月末頃から12月20日くらいまでには届くように贈るのが一般的です。 うっかり忘れていたり手配が遅れたりして年内に届かないと判断した場合は、正月の松の内(1月6日まで)に「御年賀」として贈る方法もあります。

「のし紙」は、紅白(赤と金色で印刷されている)の5本(又は7本) 花結び(蝶結び)に熨斗が付いたデザイン(通称=花結び祝い=一般お祝い用)のものを使い、 表書きは「御歳暮」となります。

また、御歳暮はお祝いごとの贈り物ではなく、お世話になっていることに対する感謝の気持ちを贈るものであることから、 当方又は先方のいずれか(又は双方)が喪中の場合であっても、御歳暮を贈りあうことは一向に差し支えないことになっています。
しかし、忌中(仏教では忌明け法要前、神道では忌明け祭前)の場合やどうしても気になる場合は、 時期をずらして寒中見舞い(松の内以降立春まで)として贈ることもできます。

お歳暮にオススメのバームクーヘン

お年賀

お年賀
年末年始に持参し、昨年中にお世話になったお礼と今年のお付き合いをお願いします

お年賀とは上司や仲人、それぞれの実家などを元旦から正月三が日(1月3日)の間に、年始挨拶の手土産として 直接持参するのが礼儀ですが、松の内(1月7日または15日)までに訪問するのが習わしになっています。
挨拶の品を手渡す際に、昨年中にお世話になったお礼と今年のおつきあいをお願いしますので、お年賀を郵送することは基本的にありません。

当方または先方のいずれかが喪中の場合は、事前にお断りを入れて先方の了承を得た上で、松の内を外して寒中(松の内以降立春まで)に訪問するようにしましょう。 この場合は、表書きは「御年賀」ではなく「寒中見舞い」とします。
手土産の金額は3,000円~5,000円が相場といわれています。

お年賀にオススメのバームクーヘン

お年始

お年始
「お年始」とは日頃お世話になっている方にする年初めのご挨拶です

お年始とは正月三が日までに実家や親戚・日頃特にお世話になっている方、 上司・仲人の家を新年を迎えた時の折り目のご挨拶をさせていただくという気持ちを表す意味で回るのが一般的です。 最近は、お年始の挨拶回りも減少傾向にありますが、お世話になった方や仲人にはお年始のご挨拶に伺うのが礼儀です。

また、年始ということでお年玉があります。 お年玉は本来子供にあげるものですので、小学生位までと言われていますが、親しくおつき合いをしている間柄であれば、年齢にはこだわらなくて良いでしょう。 お年玉の金額も決まりはありませんが先方の気持ちの負担になることもありますので多額のお年玉は控えましょう。

お年始にオススメのバームクーヘン

寒中見舞い

寒中見舞い
一年で最も寒い時期に、互いに無事過ごせるようにと気遣って贈ります

小寒の初め(1月5日頃)から大寒の終わり(2月4日頃)の立春前までの約1ヶ月間を「寒中」といい、 一年間で最も寒い時期とされ厳しい寒さの季節をお互いに無事過ごせるようにと気遣って送ります。

また年賀状の返答や喪中のため年賀状が出せない場合の代用にも使います。その際、余った年賀ハガキを寒中見舞いには使わないようにしましょう。 年賀ハガキ自体にお祝いの意味があり、また「年賀」の「賀」の字自体にもお祝いの意味がありますので喪中の場合には使えないのです。

御歳暮贈答時期が忌中の場合は、「松の内」を避けて8日以降に「寒中見舞い」として物を贈るようにします。

寒中見舞いにオススメのバームクーヘン

暑中見舞い

暑中見舞い
夏の一番暑い時期に、相手の健康を気遣って贈ります

暑中見舞いは、小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)までに出しますが、本来は大暑(7月22日頃)から立秋までに出すのが正式です。

暑中見舞いは、夏の一番暑い時期に、暑気で体調を崩したりしていないか、相手の健康を気づかって送る手紙(葉書)です。 またお中元を贈る時期が過ぎてしまった場合や、先様が喪中の場合は「暑中見舞い」として贈るようにします。

「のし紙」は、紅白(赤と金色で印刷されている)の5本(又は7本)花結び(蝶結び)に熨斗が付いたデザイン(通称=花結び祝い=一般お祝い用)のものを使い、 表書きは「暑中お見舞い」となります。

暑中見舞いにオススメのバームクーヘン

残暑見舞い

残暑見舞い
お中元の時期を過ぎてから贈る贈り物にも「残暑見舞い」と表書きします

残暑見舞いは立秋(8月7日頃)を過ぎてから、8月末頃までの時期に出す相手の 健康を気づかって送る手紙(葉書)です。
ここでいう「立秋」とは二十四節気の一つで、この日からは暦の上では秋なのに、暑さはまだまだ厳しいことから、相手の体調を気づかうとともに、こちらの近況を伝えます。 文字どおり「暑さが残っている」時期のお見舞いなのです。

しかし、9月にいくら暑くても残暑見舞いは出さないほう無難です。 立秋以後とか9月に着くかもしれないと心配しないしないようになるべく該当期間の早い時期に出すようにしたほうが良いでしょう。 この他に、お中元の時期を過ぎてから贈る贈り物にも「残暑見舞い」という表書きを用います。

のし紙は、紅白(赤と金色で印刷されている)の5本(又は7本) 花結び(蝶結び)に熨斗が付いたデザイン(通称=花結び祝い=一般お祝い用)のものを使い、 表書きは「残暑お見舞い」となります。

残暑見舞いにオススメのバームクーヘン


バームクーヘンメニュー

深作農園の、おすすめスイーツ

「深作農園」関連サイト

深作農園のバームクーヘン
【世界初の5大大会受賞】
農家から生まれたバームクーヘン専門店

深作農園 バームクーヘンサイト

深作農園・楽天市場店

深作農園・Yahoo!ショッピング店

深作農園のメロンサイト
【生産量日本一のメロン】
深作農園のメロンサイト

深作農園のメロン専門サイト

深作農園のいちご

【茨城いちごグランプリ三年連続受賞】
深作農園のいちごサイト

深作農園のいちご専門サイト

深作農園の野菜サイト

【日本野菜ソムリエ協会認定】
野菜ソムリエの作る深作農園の野菜専門サイト

深作農園・野菜専門サイト

深作農園の野菜サイト

【農家の新鮮スイーツ】
LE・FUKASAKU(ル・フカサク)

LE・FUKASAKU(ル・フカサク)サイト

ご利用案内