深作農園のバームクーヘンイメージ画像

法事法要にバームクーヘン

法事法要に

法事法要にバームクーヘン
故人を偲ぶ、法事法要に心を込めた贈り物を

一年に一度、亡くなった日と同じ命日が訪れますが、これが「祥月命日(しょうつきめいにち)」と言われています。 列席者を招いて供養するのを「年回法要」といいます。死亡翌年の祥月命日は「一周忌」となり、四十九日の法要と同様に行います。 年回法要は一周忌のあと、2年目の命日に行う「三回忌」、6年目の命日に行う七回忌、12年目の命日に行う十三回忌、 16年目の命日に行う十七回忌とあります。
一般的には十三回忌までと、32年目の三十三回忌の法要を行われることが多いです。 仏教では、亡くなってから33年目にはどんな罪を犯した人でも無罪放免となり、極楽浄土に行けるとされています。

香典返しに

香典返しは四十九日法要後にまとめて発送されるのが一般的です。 四十九日(七七日)の忌明け法要を営むまでは「忌中・喪中」の期間であるからので、 喪に服している間はお礼や香典返しは慎むということから、そうされています。

また香典返しは、半返しが相場と言われています。
職場などでまとめて頂いた場合には、1人1人に対してではなく、全体で頂いた金額の半返しで構いません。 また、当日返礼品を渡している場合は、その金額との折衝で大丈夫です。

お供えに

以前は、ろうそくや線香、お菓子などの供物やお花を持参するものでしたが、最近は供物料として現金を包むのが一般的となりました。 法要の後のお食事と引きもので1万円くらいですので、それを見込んで1万円から2万円程度を包むのが、相場となっています。
法事に参列して頂かなかった方でも、お供えや供物料届けてくださった方にはお返しをお渡しするようにしましょう。 法事の引き出物の金額は特に決まってはいませんが、一般的には3,000円~5,000円といったあたりが相場です。

親戚などでは供物と現金の両方を供える場合もあります。その際の御供え物はお菓子屋フルーツなどが多く用いられています。

法事法要の(香典返し・お供え)にオススメのバームクーヘン

バームクーヘンメニュー

深作農園の、おすすめスイーツ

「深作農園」関連サイト

深作農園のバームクーヘン
【世界初の5大大会受賞】
農家から生まれたバームクーヘン専門店

深作農園 バームクーヘンサイト

深作農園・楽天市場店

深作農園・Yahoo!ショッピング店

深作農園のメロンサイト
【生産量日本一のメロン】
深作農園のメロンサイト

深作農園のメロン専門サイト

深作農園のいちご

【茨城いちごグランプリ三年連続受賞】
深作農園のいちごサイト

深作農園のいちご専門サイト

深作農園の野菜サイト

【日本野菜ソムリエ協会認定】
野菜ソムリエの作る深作農園の野菜専門サイト

深作農園・野菜専門サイト

深作農園の野菜サイト

【農家の新鮮スイーツ】
LE・FUKASAKU(ル・フカサク)

LE・FUKASAKU(ル・フカサク)サイト

ご利用案内